プレママには葉酸サプリで必要な栄養素を!

妊娠前から妊娠初期段階では、葉酸を摂取することが厚生労働省で推奨されています。

葉酸はビタミンB群の中の栄養の一つで、妊娠の際の胎児の脊髄や神経を形作るときに必要な栄養素です。

昔は葉酸の必要性なんて言われていなかった時代もあって、そんな時でも赤ちゃんはちゃんと生まれているでしょ??と反論される方もおられますが、実際には二分脊椎症といわれる先天的にお腹の中のあかちゃんが体内で背骨を作る時に、背中の中央がくっつかずに背骨が二つに分裂してしまう病気があるのですが、この25年の間に出産が高齢化してきていることもあって、発生率が二倍にも増えています。

この病気は葉酸を推奨量飲んでいると70%が予防できるといわれているので、葉酸の重要性は明らかです。

しかし、一日に摂取を推奨される量は400μgとなりますが、この量を食品から摂取することは結構難しいといわれています。
というのも、ビタミンBは水溶性のビタミンですので、調理の際水洗いや、湯がいたりするとビタミンBが流れて行ってしまいます。

例えば、ほうれん草に多く葉酸が含まれていますが、炒めると44%の摂取量に落ちてしまい、湯がいてしまうと13%の摂取量になってしまいます。

妊娠初期段階はつわりなどで、食事がきっちり摂れない場合もありますのでサプリメントで補ってあげる必要があります。
先天異常の多くは妊娠10週以前、特に脊髄などの中枢神経にかかわる部分の以上は7週以前に発生しています。ですので、お母さんが自分で妊娠を実感して産婦人科で検査を受けた時にはすでに遅くなっている場合もあります。

もし、あなたが妊娠を希望している妊活をしている方は葉酸サプリで補給しましょう。

また、もしあなたがすでに妊娠10週以降でも、妊娠3か月までに飲めば効果があるという研究結果もありますし、葉酸は胎児の脊髄を形作る以外にも血を作ってくれる造血ビタミンでもありますので貧血を防止する意味でも飲んだほうが良いです。
サプリメントを選ぶときに大切なのが、お腹の中の赤ちゃんに悪いものを選ばないことが大切です。

食品添加物がフリーなもの、きちんと放射線チェックをしているもの、安心した環境で作られたサプリメントを選んでください。

また葉酸はビタミンB群と一緒に摂ると効率的に吸収されるということもあり、腸内で吸収される際に亜鉛を含んだ酵素が働きますので、亜鉛の摂取も必要です。

もちろん、食事で補えているなら問題ありませんが。また気をつけたいのがビタミンAの存在です。こちらは脂溶性のビタミンとなりますので過剰摂取は禁物です。マルチビタミンで葉酸を補っているかたはビタミンAの摂取量に気をつけて葉酸を補給してください。